会長挨拶

     

館林ミレニアムロータリークラブ

     会 長 伊藤 幹泰


2018-2019年度館林ミレニアムロータリークラブ会長を仰せつかりました伊藤幹泰でございます。

2000年に創立された館林ミレニアムロータリークラブは今年19年目を迎え、
次なる20周年に向けて更なる飛躍する為の大事な年であります。
そのような年に会長の大役を任されたことの責任の重さを強く感じております。

当クラブ会員は日常の業務が日々多忙を極める中でも例会出席率が高くなっております。
これは先輩方が築き上げた上下関係のない話やすい例会、楽しい親睦の場を作ってこられたことが
重要なポイントだと思っております。
そのような素敵な例会を私も継承していきたいと思います。

20182019年度国際ロータリー会長、バリー・ラシン氏は次のテーマを挙げられました。
「インスピレーションになろう」″Be the Inspiration

これをうけて20182019年度国際ロータリー2840地区宮内敦夫ガバナーは
「クラブを元気に、世界に奉仕を、みんなで回そうロータリーの輪」という2840地区の運営方針を示され
次の10項目の地区目標を挙げられました。

1)ロータリー賞を目指そう  
2)クラブを活性化しよう〈魅力あるクラブを創るために〉
3)ロータリー活動は自己形成である 
4)地区・クラブのビジョン(戦略計画)を持とう
5)公共イメージと認知度の向上を図ろう 
6)ロータリー財団の補助金を活用して、地域社会・世界に奉仕しよう 
7)2840地区の数値目標を達成しよう 
8)地区大会は地区の総会であり祭りです。全員が参加しよう
9)Rotary Dayを開催しよう 
10)IMIntercity meeting)を開催し、私たちの未来を語ろう

私たち館林ミレニアムロータリークラブはこれらの宮内敦夫ガバナーの地区目標を達成するために
会員同士のより良い関係を保ち、協調性と団結力をもって、斬新なアイデアとスキルを持ち寄り
社会奉仕と自己の向上につながるようなクラブ創りを目指し
さらには2017-2020年度国際ロータリー2840地区戦略計画にあげられている
2020年、そしてその先の未来へ ~地区・クラブの戦略目標~ ″魅力あるクラブを作ろう″』
とあります計画に挙げられている目標を全会員で一つひとつ確認しながら達成していきたいと思っております。

今年度会長として精一杯努力しクラブ運営をする覚悟でおります。
会員の皆様のご理解とご協力ならびに地域の皆様方のご理解とご協力を心からお願い申し上げます。